承継的共同正犯について

 いわゆる承継的共同正犯とは、ある犯罪について、先行行為者が実行行為に着手し、未だその行為の全部が終了しない段階で、後行者との間に、その犯罪についての共同実行の意思を生じ、その後、先行行為者と後行行為者とが共同してその後の実行行為を行う場合をいうとされています。この場合に後行行為者が先行行為者が行った行為・結果の責任を負うのかという問題が、いわゆる承継的共同正犯として議論されていることです。

 最高裁平成24年11月26日第二小法廷決定(刑集66巻11号1281頁,判タ1389号109頁)は、傷害罪における承継的共同正犯について、「共謀加担前にAらが既に生じさせていた傷害結果については、被告人の共謀及びそれに基づく行為がこれと因果関係を有することはないから、傷害罪の共同正犯としての責任を負うことはなく、共謀加担後の傷害を引き起こすに足りる暴行によってCらの傷害の発生に寄与したことについてのみ、傷害罪としての責任を負うと解するのが相当である。」として、この傷害事案においては否定説の立場をとりました。
否定の理由の要旨は「すでに生じさせていた傷害結果について後行行為者の共謀及びそれに基づく行為がこれと因果関係を有することはないから」というものです(共犯論と絡むが立ち入らない)。

 もっとも、同判例には、千葉勝美裁判官の補足意見があり、千葉裁判官は「強盗、恐喝、詐欺等の罪責を負わせる場合には、共謀加担前の先行者の行為の効果を利用することによって犯罪の成立を認め得るあろう」としてとしています。実務上は、強盗などで先行行為者が被害者の反抗を抑圧し、財物奪取を継続している途中で、後行行為者がはじめて関与するなどの事例が考えられるところです。
 この場合、前記千葉裁判官の意見よれば、強盗の共同正犯になりそうです。
 しかしながら、前記最高裁の多数意見の論理は「すでに生じさせた結果に後行行為者の共謀及びそれに基づく行為がこれと因果関係を有することはない」というものなので、反抗抑圧状態という結果についても後行者の共謀及びそれに基づく行為がこれと因果関係を有することはないという論理になるのが筋ではないかと思われます(そのような判例解説もある)。したがって、このような事例においては、弁護人としては、強盗罪の共同正犯を否定するべきではないかと思われます(強盗の従犯か?)。

 

 

無料法律相談申込(初回1時間30分まで無料)

完全予約制

03-6806-2626(相談受付時間:平日・土日祝9:30~18:00)

夜間相談・当日相談・土日祝日相談

※出張相談(有料)も承っております。お電話でお問合せください。

お電話、メールでの法律相談は受け付けておりません。
面談での法律相談をお申込みください。

無料法律相談申込(初回1時間30分まで無料)

完全予約制

03-6806-2626(相談受付時間:平日・土日祝9:30~18:00)

夜間相談・当日相談・土日祝日相談

※出張相談(有料)も承っております。お電話でお問合せください。

お電話、メールでの法律相談は受け付けておりません。面談での法律相談をお申込みください。
都内近県全域の相談を受け付けております。
路線図
草加駅から北千住駅まで10分程度
新越谷駅から北千住駅まで15分程度
松戸駅から北千住駅まで8分程度
柏駅から北千住駅まで16分程度
流山おおたかの森駅から北千住駅まで13分程度
錦糸町駅から北千住駅まで12分程度
上野駅から北千住駅まで9分程度
秋葉原駅から北千住駅まで10分程度